パートナー様ロゴ一覧

あなたはこんなことでお困りではありませんか?

  • 会社の後継者問題でとても悩んでいる
  • 顧問税理士のアドバイスが物足りない
  • 銀行に返済を続けても一向に借入金が減らない
  • 経理の合理化のを図りたいが何から手を付けて良いのかわからない
  • 会社と代表者個人にお金が残る効率的な財務戦略を考えていきたい

ひとつでも当てはまる方、
ぜひ「UKパートナーズ」にご相談ください。

会社の経営者には、
様々なアドバイスや格言が寄せられます。
しかし相反するものもあり、どれが
正しいのか混乱する場面もあるのでは?

例えば・・・

本当に正しいアドバイス? 本当に正しいアドバイス?

でも、よく考えてみてください。

本来は、正しいはずのアドバイスや格言。
しかし会社の財務状態によっては、それが必ずしも当てはまらない場合もあります。

ケースによっては、かえって逆効果になることも…。

中小企業の社長さまの抱える
お悩みの根幹

  • しかしほぼすべての問題の根幹には、「お金」「資金」が関与しているといっても過言ではありません。 UKパートナーズでは、豊富な経験をもとに、お客さまの業種業態・財務状況・家族構成・理想の姿(あるべき姿)をご提案させていただきます。

経営者が望む答えは
なかなかみつからない?

  • 経営者には一般的に、「税理士」「銀行員」「保険会社/証券会社」などの社外パートナーがついています。財務状況に問題が生じた際は、まずこの社外パートナーに相談することになると思いますが、満足する回答を得られない場合も。 これは『利益を追求しお金を残したい』という経営者の思惑と、パートナーのベクトルが一致しないケースがあるからだと思われます。

経営者の想いとかみ合わない 経営者の想いとかみ合わない

その他にも・・・

さらには同じ業種業態であっても、業況・借り入れ状況・提供担保状況・連帯保証人の財産状況・事業承継候補の有無によって、経営者の要望を実現させる施策は変化します。 【UKパートナーズ】では、ご相談いただいたお客さまの財務状況や経営背景を把握するために、 「財務ドック」診断 を導入しています。コンサルタント・経営者双方が、会社の財務状況を正しく共有。

会社の“今”を知ることで、
最適な施策をご提案します。

CLIENT VOICE

クライアント様の声

クライアント様の声

CONSULTING SERVICE

コンサルティングサービス

成功を続けている中小企業かやっている、
ある共通点を知ることにで会社の経営は劇的に改善します。

「経営者が陥りやすい〇〇中毒」とは?
経営の課題と処方箋についてお伝えします

よくあるお困りごと

損益計算書も大切ですが、企業決算の積み重ねである貸借対照表は、財務面においてさらに重要な要素を持ちます。
UKパートナーズでは、決算書の貸借対照表をベースに実際の財産状況、負債や担保状況などを反映したレポートを“財務ドック”サービスとしてご提供。公正中立な立場で客観的な自社の立ち位置を把握すれば、経緯者として次の打つ手が見えてくると思います。

財務ドックサービス

税理士事務所にもよりますが、一般論として税理士は税金計算を主な生業とされいる方々。

つまり税金のプロフェッショナルではあるものの、経営コンサルタントという立場ではないので難しいのかもしれません。
同じ医師でも内科と外科は専門分野が異なるように、会社のお金に関わる専門家であっても、フォーカスされるポイントが異なるため経営者との論点が噛み合わないことがあります。
UKパートナーズのクライアントも、当社とは別に税理士との顧問契約がある上で、専門分野を棲み分けてご利用いただくケースがほとんどです。

財務ドックサービスへ
社外CFOサービスへ

融資に関わる事柄はデリケートな問題ですので、現段階での成否についてはご勘弁ください。しかし確実に言えるのは、借りた融資は返済せねばらなず、当然金利もかかります。
ご相談者さまの融資を受ける目的は何なのか?現在の保証協会の枠はいくらなのか?担保提供は?など客観的に自社の立ち位置を見ないと回答はできないというのが正解だと思います。

財務ドックサービスへ

本業の利益(体力)以上の返済をしている可能性があります。利益の範囲内に返済金額を抑えられるように組み直す、運転資金は短期借入を活用する、返済猶予を検討することも選択肢です。
金融機関は、立場的に与信枠の範囲内で融資額を増やしたいと考えます。借入金を減らしていきたいご相談者さまとは利益相反な関係であるので、自ら考えてプランを立たなければ借入依存体質から脱却できません。

財務ドックサービスへ
資金繰り改善コンサルティングへ

承継方法は選択肢の問題だけでなく、売却価格、承継者の資金面、承継後の連帯保証、感情の整理、承継後の生活など変数が多くあるために先延ばしになりがちです。
まずは、客観的に自社の状況を見つめてみて現実的な選択肢をテーブルの上に並べてみることから始めてみてはいかがでしょうか?UKパートナーズでは、独立系コンサルティング会社として公正中立な立場でベストな事業承継をサポートします。

財務ドックサービスへ
事業承継コンサルティング

ご相談者さまが、保険に加入した目的は何だったでしょうか?会社の借入金や連帯保証、提供担保、必要運転資金などを勘案した本当に必要な保障金額はいくらでしょうか? 医師が診断無しに処方箋を出すことができないように、会社の財務分析が無ければ本当に必要な処方箋は得られません。
UKパートナーズでは、“財務ドック”サービスを通じて必要保障金額と予算に適した加入方法をアドバイスいたしております。

財務ドックサービスへ